2017年11月22日

ダーチャとは?

ダーチャとは?

ここでは、つたない私の理解を書きます。正確に詳しく知りたい方は、たくさんの本がでているようなので、それらをお読みくださいね。

ダーチャとは郊外にある比較的広い土地のことで、そこを耕して自給自足の生活をすることです。ロシアで広く実践されています。そして、そのような暮らしを実践している人のことを(週末だけ実践の人も含めて)ダーチュニクといいます。

ロシアでは、2003年の統計で国民の8割が実践、つまりダーチュニクです。すごいですね!!戦争起きても、ほとんどのロシア人は自給自足できるので怖いものなしですね(笑)。

ロシアでは、たいていその土地に自分たちで家も建てちゃうそうです。そして、必ず家の横にサウナ小屋も建てちゃいます。冬が寒いからか、ロシア人はサウナがなくては生きていけないくらいサウナ好きだそうです。

ダーチャの土地はたいてい安価で手に入り(まぁ土地ひろ~いから)、国からタダで支給されることも多いようです。近年も、プーチン大統領が「祖国プロジェクト」の一環として、1.5ヘクタールの土地を抽選で500人(だったかな?)にタダで支給したみたいです。

ただし、その土地は2年以内に耕すとか、家を建てるとか、何等かの有効利用をしていなくちゃだめなのね。有効利用されていないとみなされた場合は没収となります。

そんな土地でロシアの人たちは、それぞれが家やサウナを建て、森を整備し、畑を耕し、木を植え、近隣のダーチュニクと交流し、自然とともに心豊かな生活を送っているんですね。

私がはじめてダーチャについて知ったのは、ウラジーミル・メグレ氏の『アナスタシア』を読んだからです。

その後、『アナスタシア』の翻訳を監修された岩砂晶子さんとお会いする機会があり、岩砂さんがロシアのダーチャに実際に見学に行かれたときのスライドを見せていただきました。

その中で、50代か60代のおひとり様の女性がたった一人でコツコツと自分の土地を整備して川とかも作っちゃって、今ではそのダーチャの出来が素晴らしいというのでみんなが見学にくるほどになってるところがありました。同じおひとり様である私はひどく感心した次第であります。

posted by りたこ at 09:42| Comment(0) | ダーチャとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。